もも組

先週は、切り紙遊びや楽器遊び、野菜の苗植えなどしたほか、「しんらんさまの日」のお参りがありました。

月曜日は、さくら組と一緒に野菜の苗植えを行いました🎵
今回は、もも組の中でアンケートを取って、苦手だという子が多かった「なす🍆」・「ピーマン🫑」・「きゅうり🥒」を育てることにしました。
それぞれの苗を見せると、「ナス🍆だ!」とか「○○くんピーマン🫑食べれるよ!」とすぐに反応していました。
保育者がプランターに土を入れて苗を置き、子どもたちが苗の上に砂を優しくかぶせました。
「葉っぱにかからないように、優しくかぶせてね」と声を掛けると、そっと土をかけていました。
「これから毎日お水をあげて、みんなで育てていくんだよ」と伝えると、「よっしゃー!!」と水やりを喜んでいました😂
日々野菜の生長を見守り世話をしていくことで、野菜に興味を持ったり、食べてみようと思うきっかけになったりすれば良いなと思います。
その後は、楽器遊びをしました。
すず・カスタネット・タンブリンの中から自分の好きな楽器を選びました。
子どもたちにはタンブリンが人気で、ジャンケンになるほどしたいという子が多かったです😍
一通り音を鳴らした後は、「幸せなら手をたたこう♪」を合奏しました。
“幸せなら手をたたこう パンパン”のパンパンの部分でリズムよくならせる子が多かったです。
その歌詞以外の部分で、3回鳴らす部分を作りましたが、そこは出来ている子と出来ていない子が半々くらいでした。
最後に、「おもちゃのチャチャチャ♪」を合奏しました。
これは知っている子も多く、ノリノリで楽器を鳴らしていました👏

火曜日は、シャボン玉遊びをしました。
楽しみにしていたようで、「今日はシャボン玉するんだよね!」と覚えている子が多かったです☺
まず、一人ずつ名前を書いたシャボン玉用のストローを配りました。
そして、自分専用のストローなので「噛んだり、折ったり、汚したりしないように大切に使うこと」を約束しました。
ふーっと息を入れて遊んだり、名前を読んで嬉しそうにしたりしていました。
早速第一園庭に出て、カップにシャボン液を入れて遊び始めました。
「大きいの作るんだ!!」と意気込んでいて、すぐにたくさんのシャボン玉を作っていました。
「いま大きいのできたよ!」「○○くんも大きいのできた!すごいでしょ♪」と友だち同士で競い合ったり、見せ合ったりしていました。
他にも、小さいシャボン玉をいっぱい作ったり、道路に向かって吹いたりして楽しんでいました。
途中、「先生、シャボン玉追いかけたい!」と言う子が数名いました。
カップとストローをベンチに置いて、友だちが吹いたシャボン玉を追いかけて遊びました💕
「キャー!!」と言いながら追いかけたり、手でパチンと叩いたりしながら遊んでいました。
時間いっぱい飽きることなく、シャボン玉遊びを楽しんでいました😎✨

水曜日は、「せんともじ」のテキスト学習を行いました。
今回は、“まっすぐなせん②・③”をテーマにかいていきました。
まっすぐなせん②では、上から下へ斜めの直線を書く練習をしました。
動物たちが住んでいる家の屋根を、斜めの線を引いて完成させるという内容でした。
保育者が、前で実際に書いて見せると集中して見ていて、「次はぶた🐷さん!」とか「できるよ」とか言っていました。
鉛筆を配り早速書いてみると、ほとんどの子が上から下に書くという順序を守っていました👏
ただ、直線をうまく引けない子も多く、ゆらゆらとなりながらもゴールの点まではしっかりと書いていました。
保育者に『できたねスタンプ』を押してもらうと、「簡単だった♪」と嬉しそうでした😂
次に、まっすぐなせん③では、左から右へ横の直線を書く練習をしました。
横の線は書き慣れている子も多かったのか、スムーズに引くことができていました◎
慎重にゆっくり丁寧に書く子もいれば、ササっと書いている子もいました。
今回は、スムーズに2ページ進めることができたので、次回は少しページ数を増やして取り組みたいと思います。
また、まだ鉛筆の持ち方の安定しない子が多いので、引き続き声掛けを続けていきたいです。

木曜日は、「しんらんさまの日」のお参りがありました。
もも組からは、2名の子が開扉・閉扉の当番を務めました。
前々日から練習をしていたこともあり、少し恥ずかしそうにしながらも堂々と歩いて行っていました。
扉の開け閉めもスムーズに行うことができました👏
見ている子どもたちも、普段通り正しい姿勢でお参りをしていました。
数名、お念珠で手遊びをしたり、讃歌をうたっていなかったりする子がいたので、その都度声を掛けていきました。
声を掛けられると、すぐに気が付いて正していました。
園長先生のお話は、月目標「わたくしたちは仏さまをほめる子どもになります」についてでした。
園長先生が「普段、誰かを“ほめる”ことをしている子はどれくらいいるだろうか?」「友だちの悪い所ばかり見つけて言いに来てはいないだろうか?」と、子どもたちに問いかけられると、少しバツが悪そうに頷いていたり、「できてる!」と答えたりしていました。
しかし、「出来てる!」と言った子に「例えばどんなことを褒めた?」と尋ねられると、「・・・・😶😑」と黙ってしまいました。
そして「ひとつしかない口で誰かの悪いことばかりを言うのではなく、相手や自分が笑顔になる言葉を言えるようになろう」とお話して下さいました。
また、「まずはその第一歩として、元気な声で挨拶をできるようになろう。挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいないでしょう?」ともお話して下さいました。
子どもたちは元気よく、「はい😊!」と応えていました。
もも組でも、普段から保育者に友だちの悪いことを言いにくる子は多いので、友だちの良い所を見つけられるように、友だちに良い所が見せられるように過ごしていってほしいと思います。
また、朝の挨拶も元気が無かったり、走り去りながら言ったりする子も多いので、しっかりと目を見て元気よく挨拶できるように、改めて話していきたいと思います☺

金曜日は、「切り紙遊び」の教材を使って切り紙をしました。
今回は、ライオンのたてがみを2回・3回切りして作る題材に取り組みました。
保育者が前で説明をしながら切って見せたあと、早速切り始めました。
ほとんどの子が、正しいハサミの持ち方で切っていました。
数名、親指が下になって切っている子がいたので、声を掛けて一緒に向きを確認しました。
一度確認すると、すぐに安定して切り進めていました。
ライオンの顔を切らないように、切り線の位置で上手くハサミを止められるかが今回の課題でしたが、ほとんどの子が線に沿って切り込みを入れていました。
中には、線の始まりを少し切って止まっていたり、線からずれていたりする子もいましたが、保育者と一緒に切りながら進めていきました。
上手くできなくても、線を意識して切ることはできていたので、少しずつ調整できるようになっていくと思います。
最後に、糊で台紙に切ったライオンの顔を貼り付けて、色鉛筆で塗り絵をしました。
「もう色知ってるよ♪」と言いながら丁寧に塗っていました💕

土曜日は、サーキッド遊びをしました。
コースは「トンネルをくぐる→前転をする→ゴロゴロと転がる→ケンケンパをする→つま先立ちで後ろに歩く→ゴール✨」という内容で行いました。
ケンケンパをするのは初めてだったので、まずは全員片足立ちでバランスを取ったり、その場で片足ジャンプ、両足ジャンプをしたりしました。
「ケンケンケン♪」と保育者が言いながら跳ぶと、子どもたちも「ケンケン!」と言いながら片足ジャンプをしていました。
よろよろしてバランスの崩れる子も数名いましたが、何度か繰り返すうちにだんだん慣れてきて、うまく出来るようになる子も多かったです。
“ケンケン”では、同じ足を使ってジャンプすることや、“パッ”で両足で跳ぶことなどもして見せながら説明しました。
そして、コースの順序通りに行い保育者が見本を見せると、「うん!」とか「できるよ♪」と元気良く言っていました。
早速2,3名ずつ遊び始めると、トンネルを素早く通り抜け、その後は慎重に前転していました。
ほとんどの子がきれいに前転していましたが、数名の子は顎を引き切れずに回っていたので、回り方のポイントについて声掛けしていきました。
その後の、ケンケンパでは、リズムよく完璧にできている子、少し不規則なリズムだけれども片足ジャンプが出来ている子、片足ジャンプをしてもう片方の足で着地している子、片足ジャンプをした後両足をついてしまう子、上手くリズムが掴めず両足跳びになる子など様々でした。
最後のつま先立ち歩きは、忍者のようにスススッと上手に歩いていました👏
一通りコースを理解した後、自由にコースをまわるようにしました。
何度も何度も繰り返し遊んでいました。
そのうちに、ケンケンパのリズムや要領を掴んで出来るようになる子もたくさんいました😄
みんな時間いっぱい楽しんでいました💕

今週は、降誕会のお参りや英会話のレッスンがある他、鬼ごっこ遊びや粘土遊びを予定しています😊

おすすめ