go top

もみじ組

先週の設定保育では、「砂場遊び」や「楽器遊び」、「遊戯」などを行いました。

砂場遊びでは、第二園庭の砂場に行って遊びました。
コップやフライパン、皿、いろいろな型抜きなどを準備すると、それぞれ好きな道具を取って遊び始めました。
最初は“コップや皿に砂を入れては、顔の高さぐらいからこぼす”ということを繰り返したり、“自分や友だちに砂をかけたり”している子がたくさんいました。
そこで、カップに砂を入れて引っ繰り返してプリンを作って見せると、すぐに数人が集まってきて、プリンの上に白砂をパラパラ掛けていました。
「美味しそうなプリンができたね♡」と言いながら食べる真似をすると、一緒に食べる真似をして嬉しそうに笑っていました。
牛を型抜きすると、「うしさん!!」と言いながら、数人でペシャンコにつぶして喜んでいました。
また、他の保育者がアンパンマンシリーズの型抜きを使って、バイキンマンやしょくぱんまんなどを作って見せると、手を叩いて喜んでいました。
中には、フライパンに白砂と黒砂を半分ずつ入れて、カレーを作っている子もいました。
まだ、自分たちで型抜きをするのは難しいのですが、さらさらの砂を入れて「出来た~!!」と言いながら嬉しそうに見せてくれたので、「上手に出来たね~」と言いながら食べる真似をすると、満足そうに頷いていました。
途中、ヘリコプターが飛んでいるのを見つけて「飛行機!」「バイバ~イ!!」と言いながら、手を振っていました。
二機目が飛んでくると「また来た!」と言って、嬉しそうに飛び跳ねていました。
「片付けをしようか」と声を掛けると、たっぷり時間をかけて思いっきり遊べるようにしたこともあり、嫌がる子もなく、みんなサッサとカゴに片付けていました。
どの子も、とても楽しそうに遊んでいたので、これからも定期的に砂場遊びを取り入れて行きたいと思います。

楽器遊びでは、スズ・タンブリン・カスタネット・マラカスを使って遊びました。
子どもたちに使いたい楽器をきくと、ちゃんと自分が使いたい楽器を指さしていました。
使い方も覚えていて、カスタネットもちゃんと中指にゴムを通していました。
一緒に手を持って叩き方を教えると、一人で上手に叩いて音をだしていました。
それぞれ好きな楽器を持って、しばらく好きなように音を鳴らして遊んだ後、季節の歌を10曲程と「かえるの合唱」や「アイアイ」「おもちゃのチャチャチャ」などの曲に合わせて楽器を鳴らして遊びました。
前回まではバラバラだった音が、曲の途中や『かえるの合唱』では、「ガッガッガ~」のところ、『おもちゃのチャチャチャ』では「チャッチャッチャッ」の部分が、そろうようになってきました。
しっかり耳で聴いて、リズムで表現できることに成長の跡が感じられました。

遊戯では、遊戯会で踊る遊戯の練習を行いました。
もみじ組は、当日は2グループに分かれて遊戯をするのですが、練習はみんなで一緒に踊っています。
最初は、保育者が踊る様子を見ているだけでしたが、途中から一緒に手を叩きながら回ったり飛び跳ねたりして、保育者の真似をしながら楽しそうに踊っていました。
遊戯の好きな子が多いので、これからも楽しい雰囲気を保ちながら練習を続けていきたいと思います。

今週の設定保育では、引き続き遊戯の練習や「風船遊び」、「砂場遊び」などを予定していますd(^0^)b

 

関連記事