go top

もみじ組

先週は「カード遊び「プール遊び」「しゃぼん玉遊び」「サーキット遊び」「スノードーム遊ぶ」「プレイハウス遊び」をしました。

「カード遊び」では、動物のカードを準備してカード探しゲームをしました。
遊ぶ前に、動物のカードを子ども達に見せて、動物の名前を聞いてみました。
月齢の高い子ども達は、だいぶ動物の名前を覚えてきていて、見せたカードの動物名を答えることが出来ました。
その後は、一人ずつ保者者の言った動物のカードを探すゲームをしました。
動物の名前を聞いて、すぐにカードを探し出して持ってくる子もいれば、なかなかカードを探し出すことの出来ない子もいました。
指定されたカードを見つけられなかった子は、保育者が一緒に探し、見つけたカードを持たせると喜んでいました。
子どもたちは、カードを探すことを楽しんでいるので、これからも食べ物や乗り物のカードを使って遊ぶことを通して、いろいろな名前を覚えられるようにしていきたいです。

「しゃぼん玉遊び」では、もみじ組の子ども達は、まだ自分一人で吹き具を持って、しゃぼん玉を作ることは出来ないので、保育者がスティックのしゃぼん玉と吹き具を使って、しゃぼん玉を作って遊びました。
子ども達に、スティックのしゃぼん玉を見せると、とても喜んでいました。
保育者が、スティックのしゃぼん玉を使って大きなしゃぼん玉を作ると、「わぁ~」と言って手を叩いて喜んでいました。
扇風機の風に乗って、飛んでいくしゃぼんを走って追いかけて、しゃぼん玉を手でパチンと叩いて割ったり、足でしゃぼん玉を踏んだりしている子もいました。
吹き具でしゃぼん玉を作ると、一度にたくさんの小さいしゃぼん玉が出来るので、子ども達は大きなしゃぼん玉の時よりも喜んでいました。
スティックのしゃぼん玉を、子ども達の口に近づけて、「ふう~、してみて」と声をかけると、数名の子ども達は「ふう~」と息を吹きかけて、上手にしゃぼん玉を作ることが出来ました。
「上手に、しゃぼん玉を作れたね」と褒めると、ニコッと笑って恥ずかしそうにしていました。
半数以上の子ども達は、息を吹く力が弱かったり、「ふう~」と息を吹きかけることがうまく出来なかったりして、なかなかしゃぼん玉を作ることが出来ませんでした。

「スノードーム遊び」では、ペットボトルに水とビーズ・スパンコールを入れて作ったスノードームを準備して遊びました。
遊ぶ前に保育者がペットボトル振って、ペットボトルの中の様子を見せると、「わぁ」と言って指さしていました。
ペットボトルを振ると、中に入っているビーズやスパンコールが浮いて動き、その後ゆっくりと下に沈んでいくので、子ども達は、不思議そうにペットボトルの中の様子を観察していました。
一人ひとりに、ペットボトルのスノードームを渡すと、喜んですぐに手に取りペットボトルを振って遊んでいました。
動いていくビーズやスパンコールを、目で追って楽しんでいました。
中には、スノードームを目の前に置いて、手を叩きながら「🎵ハッピーバースデー🎵」の歌をうたっている子もいました。

「プール遊び」では、長方形のプールとヨーヨー風船を準備して遊びました。
水着に着替える前から、興奮している子もいました。
水着に着替える間は、ほとんどの子ども達が行儀よく座って待っていました。
いつもは、円形のプールで遊んでいるのですが、今回は盆踊りのヨーヨー風船で使用した長方形のプールで遊んでみました。
いつもと違うプールだったためか、プールの中に入れると泣きだしてしまう子が数名いました。
大半の子ども達は泣いたりすることもなく、プールの中に入って水をパシャパシャして遊んだり、座って肩まで入ったりして楽しんでいました。
ヨーヨー風船を、プールに浮かべると、「わぁ~」と言って、とても喜んでいました。
子どもたちは、すぐにヨーヨー風船を両手に取って遊んでいました。
中には、ヨーヨー風船を投げたり、プールや芝生に投げたりしている子もいました。

「サーキット遊び」では、平均台・トンネル・車を準備して遊びました。
遊ぶ前に保育者が平均台を歩いて、トンネルをハイハイで通って見せました。
今回、半数の子ども達が平均台に自分一人で乗って歩くことが出来るようになっていました。
まだ平均台に自分一人で乗れない子は、保育者が手を添えると乗ることが出来ました。
平均台は、ほとんどの子が自分一人で歩けました。
トンネルは、ほとんどの子がハイハイで通り抜けていましたが、数名の子がトンネルの途中で止まってしまったので、保育者と一緒にトンネルを通りました。
車を準備すると、「わぁ~」と言って喜んでいました。
一人ずつ名前を呼んで、車に乗ってトンネルを通ることを伝えると、喜んで車に乗りトンネルを通っていました。
半数の子ども達は、足で床を蹴って自分で車を動かし、前に進んでトンネルを通ることが出来たのですが、月齢の低い子ども達は、まだ足で床を蹴る力が弱くて、なかなか前に進むことができなかったので、保育者が後ろから少し車を押してあげると、自分で動かすことが出来る子もいました。
車に乗ることをとても楽しんでいたので、これからも取り入れていきたいと思います。

「プレイハウス遊び」では、プレイハウスとカラーボールを準備すると、ほとんどの子ども達が「きゃー」と言って、プレイハウスの周りに集まってきました。
プレイハウスの周りに、カラーボールを準備すると、すぐにカラーボールを手に取りプレイハウスの中に投げ入れていました。
プレイハウスの中に入って、寝そべったり何度もプレイハウスを倒したりして遊んでいました。
「先生、バイバイ」と言って、プレイハウスの中から手を振っている子もいました。
「お片付けするよ~」と言うと、ほとんどの子ども達が両手にカラーボールを持って、ボール入れの所へ持ってきました。
片付けも楽しそうにしていました。

今週は、「シール遊び」・「風船遊び」・「新聞紙遊び」を予定していますd(^0^)b

関連記事