go top

さくら組

今週は、しんらんさまの日のお参りやプラネタリウム鑑賞、降誕会のお寺参りがあった他、設定保育では縄跳びの練習を行ないました。

16日(火)に「しんらんさまの日」のお参りがありました。
さくら組は、献灯・献花・献香の係をしました。
もも組の時は開扉・閉扉の当番をしていたのですが、さくら組になったので献灯・献花・献香の係をするようになりました。
今回から仏参での役割が変わったので、「上手くできるかな?」と少し心配していましたが、前日に練習をしていたこともあり、当番の子どもたちは上手に役割を果たすことが出来ていました。
毎月16日の「しんらんさまの日」のお参りの当番は、交代でさくら組が務めるので、これからもその都度上手にできるように練習していきたいです。

18日(木)は、リナシティにプラネタリウムを見に行きました。
今回は、「春の星座」を見ました。
前日にどんな星座があるのか、絵本でを見て勉強していたので、自分の覚えている星座が映し出されると、「これ、昨日絵本で見たよね!」などと言いながら見ていました。
もも組が鑑賞している間は、リナシティの水辺館にも行き、魚やザリガニ、スッポンなどを見ました。
帰りは川で泳いでるコイを一緒に見たりしながら、「あれはお母さんコイだね!」「あれは赤ちゃんコイだね!」と仲良く会話を楽しんでいました。
園に帰ると「歩くの疲れたけど、楽しかったー!」とみんな笑顔で言っていたので良かったです

縄跳び遊びでは、まず片手ずつ縄を回す練習をし、片手で回すことに慣れてきたら回しながら跳ぶ練習をしました。
次に両手で回し、前にきた縄を飛び越える練習をしました。
1回でも飛び越えることが出来ると、みんな嬉しそうに「跳べた~」と言って教えてくれました。
みんな初めての縄跳びに苦戦していましたが、諦めることなく意欲的に練習していました。
これからも保育に取り入れて、上手に飛べるよう練習をしていきたいと思います

20日(土)の「降誕会」のお参りでは、うめ組の子どもたちと手を繋いで行き帰りしました。
道路を横断する時など、しっかり手を引いて「急いでね~」と言いながら、年長児らしく行動することができていました。
園長先生が「降誕会」とは、「しんらんさまの誕生日」で、それに関連して、みんなが生まれてきた時は家族をはじめ誕生を喜んでくれた人はそんなにたくさんいたわけではないけど、今は子ども園のみんな(たくさんの人)が喜んでくれている。
その人の誕生日を祝うということは、“あなたが生まれてきてくれて嬉しい”ということだから、誕生日の度にそう思ってくれる人が一人で増えるような人になってほしいというお話してくださいました。
みんなきちんと姿勢で話を聞く事ができていましたが、数名お念珠で遊ぶ子や手遊びする子、足をぶらぶらする子などがいました。
さくら組はもも組やうめ組のお手本とならなければならない事をしっかり伝えて、継続的に声掛けを行っていきたいと思います。

今週は、「たのしいかず」のワークや身体測定を行なう他、5月生まれのお友達の誕生会があるので、元気一杯で登園してほしいですo(^^o)(o^^)o

関連記事